逆回転シリンダー・徘徊防止の鍵を取り付けて対策しよう

認知症のある高齢者を看護する場合、それは迷惑であり、面倒です。

私がそれを知る前に、私はどこかに出て行き、場合によっては家に帰ることができませんでした。

このような徘徊を事前に対処するための対策の1つが「放浪防止キー」である。

これを部屋や玄関に取り付けることで、痴呆が外に出ることを無断で防ぐことができます。

今回は、反回りの鍵について説明します。

また、徘徊への対処方法を説明しているので、認知症の方が徘徊している場合は、将来の介護のために試してみてください。

このような場合に反回りキーを取り付けしましょう

まず、反放浪の鍵は何ですか?

まず、反回りの鍵について説明しましょう。

最初に反回りの鍵とは何ですか?

反徘徊キーは、内部からロックできるキーです。

一般的なキー付きドアは、キーが内側から来ている場合はロックを解除することができますので、簡単に外に出ることができます。

しかし、あなたが反回りの鍵を交換すると、それを内側からロックすることができるので、許可なく外に出るのを防ぐことができます。

反回りの鍵をいつ使用しますか?

その放浪の鍵は、その名前が示すように放浪を防止する鍵です。

認知症の人は任意にキーを開いて外出するので、内部をロックしてそれを防ぐ必要があります。

また、鳥の巣の署名に親指の砲塔がありますが、反回りの鍵もその署名を妨げる可能性があります。鍵の交換や鍵開け

推奨される3つの反徘徊キー3

このアイテムでは、推奨される反徘徊キーについて説明します。

様々な種類が販売されているさまよう予防キーですが、今回は3種類を紹介しましょう。

・ガードロックインテリア・開扉のみのロックを解除する簡単ホームロックNo. 260

ここで反回りキーは非常に簡単に取り付けできます。

これを認知症の部屋のドアとして使用することで、事前にさまよってしまうことを防ぐことができます。

この製品はオープンドアの場合にのみ使用できます。

・ガードロックのみで外に出さないでください(外開きのシングルドア用)黒色

この製品は、外出用のシングルドア専用の放浪防止キーになります。

設置に工具が必要ないため、自宅でドアを破損することはありません。鍵の交換や鍵開け

また、ロックにはパスワード番号によるロックを使用していますが、特別なキーでもロックを解除することができます。・ノムラテックロックガードダイヤルタイプブラックN-2425

この反徘徊キーは外部からも開放されており、ドア専用です。

ダイヤルタイプのキーを採用しているため、キーを携帯する必要はありません。

もちろん、設置が簡単なので、入り口に設置するのに適した放浪を防ぐ鍵といえます。

放浪が行われたらどうしたらいいですか?

放浪が起こった場合、家族はどのように対応すべきですか?

適切な措置を講じることができれば、放浪を防ぐためのヒントを得ることができます。

・怒らないでください禁止されています

許可なく外に歩いているときに怒るかもしれませんが、決して怒らないでください。

怒られた経験から家族のための恐怖を覚えた認知症は、安全な場所を求めてさまよっているかもしれません。

・理由を聞いてみましょう

なぜあなたがさまようのか尋ねることは重要です。

人がさまよう理由があるので、その理由に基づいて環境を改善すれば、放浪の頻度が減少する可能性があります。

また、明確な理由が戻らなくても、その言葉に家族が巻き込まれた場合、認知症の不安が減るにつれて症状が改善する可能性もあります。

・そのまま歩くことを忘れないでください

放浪が始まったとしても、あなたはそのまま歩きたいかもしれません。

あなたが認知症の人々のアイデアを尊重し、あなたがしたいように行動させるなら、あなたの気持ちは落ち着くかもしれません。

しかし、周りを回るたびに家族が同行しているとしましょう。

緊急時に適切な措置を講じましょう

迷惑行為防止対策を施しても些細な不注意によって痴呆の人がさまようのを許す可能性があります。

緊急時には、さまざまな対策を講ずることが重要です。

・GPSを使用する

GPS端末を所有している歯科医がいれば、徘徊が発生した場合に痴呆のどこにいるのかをすぐに把握できます。

痴呆が端末の所持を嫌がる場合は、首に袋を入れておくか、常に持ち運びのバッグに密かに刺してみてください。

・デイサービスを利用する

認知症が悪化して家族が自分の世話をすることができない場合は、昼間のサービスに頼ることがあります。

専門の看護専門家に任せておくことは安全ですし、認知症患者はレクリエーションやデイサービスと一緒に歩いて家で静かに暮らすことができます。

・あなたの持ち物に名前などを書き留めます。

認知症の人がしばしば身に着ける衣服や靴の内側に名前と連絡先のカードを入れましょう。

それで、あなたがさまよってさまよっていても、あなたは保護された後にあなたの家に届けられます。

まとめ

痴呆による放浪は突然起こる。

時々徘徊が深夜に始まり、悪い視界のために失われやすくなり、交通事故に遭うリスクも高まります。

そのため、事前に放浪を防止する必要がある。

放浪を防止するために、反放浪の鍵が有効な手段の一つです。

放浪防止キーを構築するツールを必要としない多くのものは、取り付けが簡単です。

また、ロック防止キーによっては、ロッカーを直接組み立てる必要があります。

この鍵は、放浪防止だけでなく、安全保障にも優れているので、一度ロッカーや反放浪鍵について相談すると良いかもしれません。

関連記事

ページの先頭へ